teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


アーサー・マックス参加

 投稿者:BHDAA  投稿日:2020年 1月27日(月)15時07分2秒
返信・引用 編集済
  リドリー・スコット作品常連のアーサー・マックスが、美術担当として、「The Last Duel」(ザ・ラスト・デュエル)にも参加する事が決まったそうです。
その他のスタッフも、おそらくリドリー常連組が来ると思います。
ちなみに、アーサーは、リドリー作品にちょい役として出演した過去(悪の法則)もあるので、ラスト・デュエルでも出てくるかもしれません。
 
 

The Last Duelの時代

 投稿者:BHDAA  投稿日:2020年 1月24日(金)01時29分31秒
返信・引用 編集済
  今年全米公開予定のリドリー最新作「The Last Duel」(ザ・ラスト・デュエル)の時代背景は、百年戦争の頃だそうです。
この時代は、ちょうどリドリーの「ロビン・フッド」の次の時代になります。
「ロビン・フッド」では第三次十字軍後のイギリスとフランスの対立を描いてましたが、これが後に百年戦争へと続きます。
「ザ・ラスト・デュエル」は、時代的な意味で「ロビン・フッド」の続編と言えます。
ちなみに、「ロビン・フッド」は、第三回十字軍を挟んで「キングダム・オブ・ヘブン」の後なので、時代的な意味で続編です。
流れを整理すると、「キングダム・オブ・ヘブン」(十字軍)→「ロビン・フッド」(マグナ・カルタ)→「ザ・ラスト・デュエル」(百年戦争)になります。
更に広げてリドリー的世界史を並べると、下記のようになります。
「エクソダス」(出エジプト、後のユダヤ民族)
  ↓
「グラディエーター」(古代ローマ)
  ↓
上述の三作
  ↓
「1492コロンブス」(レコンキスタ、大航海時代)
  ↓
「デュエリスト」(ナポレオンの栄枯盛衰)

現代ものや未来ものも加えると、壮大なリドリー的人類史ができるでしょう。
 

Craig Green

 投稿者:BHDAA  投稿日:2020年 1月13日(月)20時43分44秒
返信・引用
  過去のとある記事の紹介ですが、「エイリアン コヴェナント」の衣装は、ジャンティ・イェーツと共に、イギリス人ファッションデザイナーのクレイグ・グリーン(Craig Green)もデザインに参加しています。

https://www.dazeddigital.com/fashion/article/36032/1/craig-green-on-creating-costumes-for-alien-covenant-interview

リドリーは宇宙服のデザインが大好きですが、コヴェナントでは「楽園」が舞台なので、ミリタリー風味の地上服デザインがかっこいいです。
よく見ると、各人それぞれの帽子のデザインも違っていて、芸が細かいです。
こういう細部にこだわったデザインがとてもリドリーらしいなと思います。

クレイグ・グリーンのinstagramを見ると、他の衣装デザインもかなりパンチ効いているので、面白いです。

https://www.instagram.com/craig__green/
 

VUE CM

 投稿者:BHDAA  投稿日:2020年 1月11日(土)02時11分54秒
返信・引用
  VUEというイギリスの劇場チェーンが、劇場の大画面で映画を観ようというCMを出しましたが、これにリドリー・スコットがチョイ役で出演しています。
このCMはリドリーの制作会社RSAが製作し、監督は息子のジェイク・スコットです。
新スターウォーズ・シリーズのジョン・ボイエガも出演しています。

https://adage.com/creativity/work/john-boyega-and-ridley-scott-star-ad-encouraging-you-get-lost-cinema/2226181?
 

DGA CM賞ノミネート

 投稿者:BHDAA  投稿日:2020年 1月 9日(木)18時54分41秒
返信・引用 編集済
  DGA(アメリカ映画監督組合)のCM部門で、リドリー・スコット監督が去年製作したヘネシーのCM「The Seven Worlds」がノミネートされたそうです。
VFXはMPCが担当しています。

https://www.moving-picture.com/news/ridley-scott-receives-dga-nomination-for-hennessy-the-seven-worlds

DGAでは、長編映画部門で、テルマ&ルイーズ、グラディエーター、ブラックホーク・ダウン、オデッセイで4回ノミネートされた事があり、生涯功労賞(Lifetime Achievement Award)を受賞しています。
 

タイトル画面一覧

 投稿者:BHDAA  投稿日:2020年 1月 7日(火)04時03分7秒
返信・引用 編集済
  「デュエリスト」から「エイリアン コヴェナント」までの、リドリー・スコット作品のタイトル画面一覧のページがあったので紹介します。

https://sharkchunks.tumblr.com/post/190095851543

リドスコ作品のタイトル画面は基本的にシンプルな印象ですが、それぞれ見てみると、フォントの違いなどで個性があり、かっこいいです。
 

シド・ミード 亡くなる

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年12月31日(火)23時00分18秒
返信・引用 編集済
  「ブレードランナー」の車両デザインや都市デザインに携わったシド・ミードが、86歳で亡くなったそうです。
もともとシド・ミードは、車両デザインのためにブレランに採用されたそうですが、雰囲気を出すために車両の背景も描くスタイルで、リドリー・スコットがそれを気に入って、都市デザインも含めてやる事になったそうです。
ルトガー・ハウアーと同じく、偶然にもブレランで描かれた時代である2019年の訃報になりました。
 

The Last Duel エキストラ募集

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年12月18日(水)23時48分39秒
返信・引用 編集済
  フランスのナルボンヌという所で、「The Last Duel」のエキストラ募集が行われているそうです。
この辺で撮影が始まるのでしょう。

https://www.languedocliving.com/ridley-scott-is-looking-for-extras-in-narbonne/

「The Last Duel」は、リドリー・スコット監督お馴染みの2人の主人公の映画のようなので、ここでこの系譜を振り返ってみたいと思います。
この系譜は、時代や場所が変われど、通底するのは「追う者と追われる者」「対立」「確執」「決闘」などです。
「デュエリスト」
「ブレードランナー」
「ブラックレイン」
「G.I.ジェーン」
「グラディエーター」
「ハンニバル」
「アメリカン・ギャングスター」
「ロビン・フッド」
「エクソダス」
「ゲティ家の身代金」

以上は、個人vs個人ですが、これを「集団、異文化、世界」に規模を大きくすると、
「レジェンド」 光vs闇
「誰かに見られてる」 上流vs中流
「テルマ&ルイーズ」 女vs男
「1492コロンブス」 旧世界vs新世界
「白い嵐」 海vs陸
「ブラックホーク・ダウン」 アメリカvsソマリア
「キングダム・オブ・ヘブン」 キリスト教vsイスラム教
「プロヴァンスの贈りもの」 英vs仏
「ワールド・オブ・ライズ」 米vs中東
「オデッセイ」 火星vs地球
となるでしょう。

その他の対立として、人間vs非人間と名付けるなら、
「エイリアン」
「プロメテウス」
「悪の法則」
「エイリアン コヴェナント」
なんて流れも言えるえしょう。

以上で、マッチスティックメンを除いた全作品を網羅しましたが、この作品も、
「マッチスティック・メン」 善人たるロイvs悪人たるロイ
で読み解けると思います。2人の対立ではなく、1人の二面性の対立構造です。
 

リドリー・スコット 誕生日

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年11月30日(土)23時52分2秒
返信・引用 編集済
  本日は、リドリー・スコット監督の誕生日です。82歳になります。
長編映画を現在までに25本(デュエリスト~ゲティ家の身代金)発表していて、その他、CMやTVシリーズなどの製作も手がけていて、常に多忙な爺さんです。
コミカルなものからダークなものまで、多彩という言葉では正確に表現しきれない個性的で豊かなフィルモグラフィが面白いです。
これからもこのノリでどんどん色々な映画を手がけるでしょう。

将来的な予想(というか希望)としては、エイリアン・プリクエル・シリーズの第三幕(プロメテウス=序、コヴェナント=破、三作目=急)や、ずっと本人が熱望している西部劇を作ってくれると思います。

ここで、お祝い企画として、個人的に考える5作品ランキング(?)を書いてみます。

★最も影響力の大きかった5作
「エイリアン」「ブレードランナー」「テルマ&ルイーズ」「グラディエーター」「ブラックホーク・ダウン」
…これら5作品は、他の映画作家やクリエーター、CM、MV、ゲーム制作者など、多大な影響を与えたと思います。

★リドリー・スコットを理解する上で最も重要な5作
「デュエリスト」「エイリアン」「ブレードランナー」「レジェンド」「1492コロンブス」
…個人的な意見ですが、これら5作品は、リドリー・スコットの作家性を理解する上で必須だと思います。これらのどれかの鑑賞が欠けていると、理解に支障が出ると思っています。見てないものがあったら、みなさん見ましょう。

★最も過小評価されてる5作
「レジェンド」「白い嵐」「プロヴァンスの贈りもの」「悪の法則」「エクソダス」
…そもそもあまり見られてなかったり、不当に低い評価を頂戴しているように見える作品です。この中でも「悪の法則」は評価の高まりを見せていますが、他の作品も同様になって欲しいです。
 

The Last Duel 公開日

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年11月16日(土)12時12分46秒
返信・引用
  「The Last Duel」(ザ・ラスト・デュエル)が、正式に製作にゴーサインが出て、リドリー・スコット監督の次回作になるそうです。
公開日も決定していて、2020年12月25日に全米公開予定だそうです。
出演は、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ジョディ・カマー、ベン・アフレックが今のところ決まっているようです。
約1年後の公開日ですが、早撮りのリドリーなら難なく可能でしょう。
 

ローレンス・ポールとブランコ・ラスティグ 亡くなる

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年11月16日(土)03時02分57秒
返信・引用 編集済
  リドリー・スコット作品関係者2名の訃報のニュースが届いています。

1人は、美術監督のローレンス・ポール(Lawrence Paull)で、81歳で亡くなりました。
この人は、「ブレードランナー」の美術スタッフです。他には「バックトゥザフューチャー」などもやっているそうです。

もう1人は、プロデューサーのブランコ・ラスティグ(Branko Lustig)で、87歳で亡くなりました。
この人は、「グラディエーター」「ハンニバル」「ブラックホーク・ダウン」「キングダム・オブ・ヘブン」「プロヴァンスの贈りもの」「アメリカン・ギャングスター」のプロデューサーです。
他には「シンドラーのリスト」などもやっています。
 

レオンとテルマ&ルイーズ

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年11月 6日(水)01時33分12秒
返信・引用
  返信でレスつけてもらっている午前10時の映画際で、「テルマ&ルイーズ」と「レオン」が同時上映されてますが、これに関して小ネタがあります。
「レオン」の中では、「テルマ&ルイーズ」について言及している台詞があります。
日本語字幕では略されてるので、知ってる人は少ないかもしれません。
リュック・ベッソン監督は、レオンを作る前に「テルマ&ルイーズ」を間違いなく見ているはずなので、「レオン」にも影響を与えていると思います。
「レオン」の終盤でぞくぞくと警察が集まってくる感じなんか、それっぽいです。
 

Re: テルマ&ルイーズ 写真

 投稿者:RSFFC  投稿日:2019年11月 5日(火)18時09分34秒
返信・引用
  > リドリー・スコット監督の最高傑作の一つ「テルマ&ルイーズ」のメイキング写真がたくさんあるページを発見したので、紹介します。
> 意外とこの映画のメイキング映像や写真は少ないので、興味深いです。
午前10時の映画際にて
テルマ&ルイーズ公開中です。
≪グループB≫
2019年11月1日 ~ 2019年11月14日
≪グループA≫
2019年11月15日 ~ 2019年11月28日
是非と皆様も劇場で観賞しましょう。

http://masa10.eiga.com/?guid=ON#pagetop

 

Lady gaga、Gucci

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年11月 2日(土)09時56分41秒
返信・引用 編集済
  驚きのニュースが浮上してきました。
リドリー・スコット監督が過去にやろうとして立ち消えになっていた企画「Gucci」(グッチ)に、Lady Gaga(レディ・ガガ)が出演するそうです。
有名ブランドのグッチ一族の確執を描いた話ですが、てっきり没になったのかと思ったら、まだ企画は生きていたみたいです。
「ゲティ家の身代金」も、富豪のゲティ一族内の確執の話だったので、もしかしたら、実現するかもしれません。

リドリー・スコット監督の次回作候補が乱立するのはよくある事ですが、「The last duel」と「Gucci」がどう実現するのか楽しみです。
 

Adam Driver

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年10月23日(水)09時17分5秒
返信・引用
  現在キャスティングが進んでいる様子の「The last duel」(ザ・ラスト・デュエル)ですが、アダム・ドライバー(Adam Driver)が出演交渉中だそうです。
ベン・アフレックは、他作品の製作との兼ね合いのため、出番が少ない脇役に回る可能性があるそうです。
 

Earthquake Bird

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年10月12日(土)21時10分3秒
返信・引用 編集済
  リドリー・スコットによるプロデュースで、Netflixで「Earthquake Bird」(アースクエイク・バード)というサスペンスドラマが公開されます。
日本が舞台になっていて、「エクスマキナ」の女優アリシア・ヴィキャンデルと、Exileの小林直己が出演しています。

https://www.youtube.com/watch?v=JswPxrg2iJU 予告編動画

https://www.sanspo.com/geino/news/20191012/geo19101204000003-n1.html 写真ありの記事
 

人の形をした人じゃない者

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年10月 4日(金)02時54分24秒
返信・引用
  ふと思いついたのですが、リドリーは、「人の形をした人じゃない者」を描くのが好きな気がします。
例でいうと「ブレードランナー」のレプリカントや、「ハンニバル」のレクター博士などですが、特に「プロメテウス」以降にそれが顕著ではないでしょうか。
「プロメテウス」のエンジニア、
「悪の法則」のマルキナ、
「エクソダス」の神(の使い)、
「エイリアン コヴェナント」のデイヴィッド、
「ゲティ家の身代金」のジャン・ポール・ゲティ
は、人間の形をしていますが、人間とは違う異質さを持ち、人間を超えた存在であり、人間に対する脅威となります。
こんな感じで、色々な解釈ができるのがリドリーのフィルモグラフィの面白さです。
 

Jodie Comer

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 9月27日(金)07時14分43秒
返信・引用 編集済
  TVシリーズの「Killing Eve」(キリング・イヴ)に出演していた女優Jodie Comer(ジョディ・カマー)が、リドリー・スコット監督予定の「The Last Duel」(ザ・ラスト・デュエル)に出演交渉中だそうです。
ジョディは、同ドラマでエミー賞を受賞しています。
具体的なキャスティングが進んでるみたいなので、リドリーの次回作は「The Last Duel」で確定とみていいようです。
 

Raised by wolves キャスト写真

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 8月24日(土)20時55分0秒
返信・引用
  リドリーが現在製作を進めているTVシリーズ「Raised by wolves」(レイズド・バイ・ウルブズ)のキャストの写真がいくつか見つかったので紹介します。
バラエティ豊かな感じです。

https://www.instagram.com/p/B1bai20BTFo/
https://www.instagram.com/p/B1PD_SCh8yo/
https://www.instagram.com/p/B1RnArtBTcq/
 

ルトガー・ハウアー 亡くなる

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 7月25日(木)06時48分11秒
返信・引用
  「ブレードランナー」でロイ・バティを演じたオランダ人俳優ルトガー・ハウアーが、75歳で病死したそうです。
ブレランのロイ・バティは、映画の神が降りてきたぐらいに素晴らしく、最後の言葉も映画史に残るような詩でした。
 

ブレラン IMAX上映

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 7月24日(水)18時44分36秒
返信・引用
  今年が「ブレードランナー」の年である2019年なのを記念して、ファイナルカット版がIMAXで上映されるそうです。
期間は、9月6日からの2週間限定公開だそうです。

https://eiga.com/news/20190724/5/
 

The Last Duel

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 7月23日(火)07時06分24秒
返信・引用
  リドリー・スコットの次回作の話が急浮上してきました。
「The Last Duel」(ザ・ラスト・デュエル)という小説を映画化するそうです。
中世の復讐劇だそうで、マット・デイモンとベン・アフレックが出演するそうです。
マット・デイモンは、「オデッセイ」に続いて、二度目のタッグになり、ベン・アフレックは初出演です。
タイトルが、リドリー・スコットのデビュー作の「デュエリスト」を彷彿とさせます。
「二人の男の確執」という点も、いつものリドリー的な話なので、実現度が高そうです。
 

American Woman

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 6月11日(火)17時39分44秒
返信・引用
  リドリー・スコットの息子であるジェイク・スコット監督作品の「American Woman」(アメリカン・ウーマン)が6月に公開されるそうです。
シエナ・ミラーが主演です。

https://www.youtube.com/watch?v=tPxGkNkDvBg 予告編
 

テルマ&ルイーズ 写真

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 6月11日(火)02時49分33秒
返信・引用
  リドリー・スコット監督の最高傑作の一つ「テルマ&ルイーズ」のメイキング写真がたくさんあるページを発見したので、紹介します。
意外とこの映画のメイキング映像や写真は少ないので、興味深いです。

https://ew.com/gallery/thelma-and-louise-behind-the-scenes/

 

Hovis CM レストア

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 6月 4日(火)00時55分42秒
返信・引用
  リドリー・スコット監督のCM作品の中で、アップルの「1984」が非常に有名ですが、これに匹敵するほど有名なのが、パンメーカーのホービス(Hovis)のCM「Boy on the bike」です。
CM公開から46年経ち、4Kレストアで映像が補修され、音楽も再録音されて、再放送されるそうです。
レストア風景動画では、リドリーも登場しています。

https://www.youtube.com/watch?v=6jpizSrYdJQ レストア版ホービスCM
https://www.youtube.com/watch?v=V7J4FZkxDZE レストア風景動画
 

フランク・ルーカス 亡くなる

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 6月 2日(日)07時33分10秒
返信・引用
  リドリー・スコット監督の「アメリカン・ギャングスター」で描かれたフランク・ルーカス本人が、88歳で亡くなったそうです。
「ゲティ家の身代金」のジャン・ポール・ゲティなど、成功したけどどこか歪な部分がある人にリドリーは興味があると思います。
 

The Hot Zone

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 5月30日(木)17時05分10秒
返信・引用
  リドリー・スコットが、過去にジョディ・フォスター主演で映画化しようとした企画として、「The Hot Zone」があります。
エボラ出血熱感染の恐怖を描いた内容ですが、実現せずに頓挫してしまいました。
ただ、今年になってナショナルジオグラフィックとリドリー・スコットのプロデュースでTVシリーズとして放映されます。

https://www.youtube.com/watch?v=6YxNYnHTxAg

 

ジョン・マシソン インタビュー

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 5月29日(水)20時52分8秒
返信・引用 編集済
  現在公開中の映画「名探偵ピカチュウ」の撮影を担当しているのは、ジョン・マシソンだそうです。
インタビューによると、都市の映像はリドリーの「ブレードランナー」を意識したそうです。
https://www.newsweek.com/detective-pikachu-interview-1421049

この人は、リドリー・スコット監督のちょっと前の常連の撮影監督で、グラディエーター、ハンニバル、マッチスティックメン、キングダム・オブ・ヘブン、ロビン・フッドをやっています。
リドリー作品での戦闘シーン撮影を語っている動画もあります。
https://www.youtube.com/watch?v=rJZWIGT72sw

「プロメテウス」の3D撮影で起用されたダリウス・ウォルスキーが気に入られて、これ以降はジョン・マシソンと仕事してませんが、ダリウス・ウォルスキーが他の仕事で忙しい時にまたやるかもしれません。
 

エイリアン 40周年

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 5月26日(日)23時21分23秒
返信・引用 編集済
  「エイリアン」公開から今年で40周年となり、それを記念する記事なども沢山出ています。
その中で、ノストロモ号の7人の役者の現在を紹介した記事があったので紹介します。

https://www.hollywoodreporter.com/lists/alien-cast-now-sigourney-weaver-tom-skerritt-john-hurt-more-1208830/item/harry-dean-stanton-alien-are-they-now-1208918

「エイリアン」のキャスティングは非常に渋くてソリッドな人選になっていて、大変素晴らしいです。
例えば黒澤明監督の「7人の侍」の7人も素晴らしいですが、これに負けない良さがあると思います。
もちろん、8人目(?)の猫ジョーンズや、9人目(?)のエイリアンも重要な存在です。

その他の記事では、リドリーのインタビューもあり、「エイリアン コヴェナント」の続編をディズニーと話し合い中だそうです。
「evolve」(進化する)というキーワードを重視していて、リドリーの中では構想がかなり出来上がってると思うので、早くゴーサインが出るといいです。
最近リドリーは、CMやらTVシリーズを精力的に手がけていますが、珍しく(?)映画の連続製作が止まっていて、次作の予定も確定してないという状態なので、続報を期待します。

過去に何回か書いてますが、リドリーによるプリクエル・シリーズは、神話を下敷きにしているので、おそらく次作もそうなるのではと予想します。

「プロメテウス」 ←ギリシャ神話のプロメテウス。
 …巨人、人類の創造、火を与える事、内蔵を食われる罰。

「エイリアン コヴェナント」 ←旧約聖書のアダムとイヴ。及び、ミルトンの失楽園。
 …楽園、夫婦(アダムとイヴ)、禁断の実、蛇(サタン)、産みの苦しみ、死。
 

BHD 原作者インタビュー

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 5月23日(木)00時04分3秒
返信・引用
  前回のリドリー・スコット監督のインタビューに続き、原作者のマーク・ボウデンのインタビューも出ています。
短い記事ですが、マーク・ボウデンもBHDを現在の戦争の姿を描いた最良の映画として公開から18年たった今も褒めています。

https://deadline.com/2019/05/ridley-scott-back-hawk-down-author-every-war-movie-of-past-18-years-owes-a-debt-to-ridley-scotts-epic-1202611054/

 

BHD リドリー・インタビュー

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 5月16日(木)17時39分30秒
返信・引用 編集済
  海外で「ブラックホークダウン」の4Kのブルーレイが発売され、それを記念してか、リドリー・スコット監督にBHDに関してインタビューした記事が出ています。
なかなか内容が濃いです。
「ブラックホークダウン」はリドリーの最高傑作の1つですが、リドリー自身も、
It’s one of the films I’m most proud of.(最も誇りに思っている映画の一つだ)
と言っています。

https://deadline.com/2019/05/ridley-scott-revisits-black-hawk-down-its-one-of-the-films-im-most-proud-of-somali-bana-tom-hardy-ewan-mcgregor-1202611972/

 

日本のブレラン的風景

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 5月13日(月)14時01分36秒
返信・引用
  面白いインスタグラムを見つけたので、紹介します。
リーアム・ウォンというイギリス人の写真家・ゲームデザイナーが、東京の写真を撮っているのですが、完全に「ブレードランナー」です。

https://www.instagram.com/liamwong/

 

クリスマス・キャロル

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 5月10日(金)01時06分17秒
返信・引用 編集済
  リドリー・スコットによるプロデュースで、小説「クリスマスキャロル」のTV版ミニシリーズが12月にアメリカで放映されるそうです。
主人公の爺役をガイ・ピアースが演じ、その他、精霊役として、「ブレードランナー」のルトガー・ハウアーや、CGキャラを演じるので有名なアンディ・サーキスも出演するそうです。
ガイ・ピアースは、「プロメテウス」でも爺を演じていたので、それが縁でリドリーに抜擢されたのではと予想します。

ちなみに、リドリーは「ゲティ家の身代金」の金持ち爺に関して、「クリスマスキャロル」の主人公の爺や、シェイクスピアの「リア王」の老王をイメージしてたとインタビューで言ってました。
クリスマスキャロルの爺は、強欲とケチで愛の無い生活を送る部分が重なりますし、
リア王は、実の家族である娘に対して間違った判断をして破滅する部分が重なります。
どちらも中編程度の長さの本なので、「ゲティ家の身代金」で興味を持ったら読んでみるといいです。

https://deadline.com/2019/05/fx-christmas-carol-1202610642/

 

初期の3ヴィラン

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 5月 2日(木)22時54分32秒
返信・引用
  興味深い絵をインスタグラムで見つけたので、紹介します。

https://www.instagram.com/p/Bw8Se8ulex0/

「エイリアン」のエイリアン、「ブレードランナー」のロイ・バティ、「レジェンド」の闇の王です。
リドリー・スコット監督のこの初期3作は、異様な密度で描き込まれた細部によって、世界を丸ごと創るスタイルが遺憾なく発揮されてる点で共通です。
もう一つの共通点として、美しい悪(ヴィラン)もあります。この3キャラを並べて描くのは筋が良いと思います。
 

エイリアンの日

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 4月27日(土)02時12分18秒
返信・引用
  4月26日は、惑星LV-426にちなんで、「エイリアンの日」(Alien Day)になっています。
それに合わせて、40周年記念短編動画の残り2つが出ました。

Harvest(収穫) https://www.youtube.com/watch?v=Za0jUxBPQTw

Alone(独り) https://www.youtube.com/watch?v=XGWEihrIBvk
 

テリー・ローリングス 亡くなる

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 4月24日(水)14時53分47秒
返信・引用
  テリー・ローリングスがで亡くなったそうです。
この人は、イギリス人の編集の人で、初期のリドリー・スコット作品の「エイリアン」「ブレードランナー」「レジェンド」の編集を担当しています。
 

エイリアン 40周年記念 短編

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 4月20日(土)11時44分33秒
返信・引用
  4つ目の短編動画が公開されました。

Ore(鉱石) https://www.youtube.com/watch?v=Zv55of6Pb70
 …ダークな空間や光の感じが「エイリアン」ぽいです。エイリアンが出てきます。
 

エイリアン 40周年記念 短編

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 4月13日(土)03時26分59秒
返信・引用
  3つ目の短編動画が公開されました。

Night Shift(夜勤) https://www.youtube.com/watch?v=GYgoolcKszc
 …生活感のある労働者が「エイリアン」ぽいです。チェストバスターが出てきます。
 

エイリアン 40周年記念 短編

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 4月 6日(土)18時39分38秒
返信・引用 編集済
  「エイリアン」の公開40周年を記念して、6つの短編動画が公開されることになりました。
現在までに、2つが公開されています。

Containment(封じ込め) https://www.youtube.com/watch?v=Hu_4PgSXbDY
 …セットの細かい所が「エイリアン」からの影響大で、光景は「コヴェナント」っぽいです。

Specimen(標本) https://www.youtube.com/watch?v=wKl-fU3WC7s
 …犬が「エイリアン3」ぽいです。フェイスハガーが出てきます。
 

荒野にて

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 4月 5日(金)10時58分28秒
返信・引用 編集済
  「ゲティ家の身代金」で誘拐された少年を演じたチャーリー・プラマーが、「荒野にて(Lean on Pete)」という映画(アンドリュー・ヘイ監督)の主役をしていて、日本でも4月12日から公開されます。
チャーリーはこの作品で、ヴェネチア映画祭の新人賞をとったそうです。
ゲティ家での表情の変化も素晴らしかったですが、この作品でも演技が素晴らしいそうなので、紹介します。

ちなみに、監督のアンドリュー・ヘイは、リドリーの「グラディエーター」や「ブラックホークダウン」で編集の補佐をしていて、後に映画監督になったそうです。
遠縁ですが、地味にリドリー関係者でした。

https://gaga.ne.jp/kouya/

 

キングダム・オブ・ヘブン DC版の無料上映会

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 4月 1日(月)23時51分19秒
返信・引用
  「キングダム・オブ・ヘブン」のディレクターズカット版の無料上映会が、埼玉の劇場で、4月27日に開催されるそうです。
主催者に連絡すれば、参加できます。

https://suzukiri.exblog.jp/29342057/

 

エイリアンの演劇への反応

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 3月30日(土)10時50分20秒
返信・引用
  高校生による演劇版「エイリアン」が話題になり、なんとリドリー・スコットとシガニー・ウィーバーが賛辞を送っています。
リドリーは、手紙で褒めていて、再演の資金を申し出たり、次は「グラディエーター」はどうかとオチをつけたりしています。
シガニーは、動画投稿で褒めています。

https://newyork.cbslocal.com/2019/03/29/weaver-scott-praise-nj-alien-play/

 

「エイリアン」 演劇

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 3月25日(月)20時07分40秒
返信・引用
  アメリカのとある高校が、「エイリアン」を演劇にして、舞台で上演したそうです。
クオリティが高くて、かなり話題になったそうです。写真で見ると、細部がなかなかしっかりしています。

https://pbs.twimg.com/media/D2VKeIwX4AMLTDn.jpg
https://pbs.twimg.com/media/D2VKeI7XcAI2Jdu.jpg
https://pbs.twimg.com/media/D2VKeI6XQAArVu_.jpg
 

内田裕也 亡くなる

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 3月18日(月)09時13分18秒
返信・引用
  内田裕也が79歳で亡くなったそうです。
リドリーの「ブラックレイン」に出演してました。
「ブラックレイン」の日本人キャストは、邦画でもできないんじゃないかというぐらい、かなり濃いメンツが揃ってますが、内田裕也もその一人です。
 

Cartel テレビ・シリーズへ

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 3月 8日(金)09時06分53秒
返信・引用 編集済
  リドリー・スコットが監督する予定だった、メキシコの麻薬カルテルを描く「Cartel」は、TVシリーズになるそうです。
リドリーは、プロデューサーとして関わるそうです。

現在までで監督予定作品として残っているタイトルを整理すると、
「Merlin Saga」(マーリン・サーガ) …ファンタジー映画
「Queen & Country」(クイーン&カントリー) …スパイ映画
「Battle of Britain」(バトル・オブ・ブリテン) …戦争映画
「Alien: Awakening」(エイリアン:アウェイクニング) …SF映画
「Wraiths of the Broken Land」(レイス・オブ・ザ・ブロークン・ランド) …西部劇
と、なります。どれが実現するのか楽しみです。
 

「I am legend」のメイク

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 2月21日(木)13時34分9秒
返信・引用
  リドリー・スコット監督の実現しなかった映画として「I am legend」(アイ・アム・レジェンド)が有名です。
アーノルド・シュワルツネガー主演で撮影される予定でしたが、頓挫しました。
特殊メイクなどを手がけるアレック・ギリスが、インスタグラムで、予定されていたモンスターメイクを公開しています。

https://www.instagram.com/p/BuFwV-cgkw_/

なかなか興味深い写真です。「I am legend」が流れた後、リドリーは「グラディエーター」を手がけました。
後に、ウィル・スミス主演、フランシス・ローレンス監督で「I am legend」は製作されました。
 

Merlin Saga 撮影?

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 2月18日(月)22時26分25秒
返信・引用 編集済
  以前に、リドリー・スコット監督が、「Merlin Ssaga」(マーリン・サーガ)というファンタジー映画を撮るという話がありましたが、今年の秋に撮影がスタートするという噂が浮上しています。
ちょうど、Raised by wolvesの撮影が終わる頃なので、信憑性が高そうです。
実現すれば、リドリー的には「レジェンド」以来のファンタジー映画になります。
 

ブルーノ・ガンツ亡くなる

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 2月16日(土)22時30分7秒
返信・引用
  スイス人俳優ブルーノ・ガンツが77歳で亡くなったそうです。
リドリー・スコット監督の「悪の法則」でダイヤモンド・ディーラーを演じていました。
「悪の法則」は、主役5人以外の脇役の俳優陣も素晴らしかったですが、ブルーノ・ガンツも良かったです。
 

Hennessy メイキング

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 2月13日(水)08時24分19秒
返信・引用
  リドリーの短編CM「The Seven Worlds」のメイキング映像やインタビュー映像も出ています。

https://www.youtube.com/watch?v=JTcWbZyZGoc メイキング
https://www.youtube.com/watch?v=1U4yK1ffHpE 監督インタビュー
 

Hennessy CM

 投稿者:BHDAA  投稿日:2019年 2月11日(月)23時35分32秒
返信・引用 編集済
  以前に話題にあがった、お酒メーカーのHennessy(ヘネシー)のCMが登場しました。
リドリー・スコット監督で、タイトルは「The Seven Worlds」(7つの世界)です。
約4分の映像で7つの世界を巡ります。
リドリーの近年のSF「プロメテウス」や「オデッセイ」が感じられる映像もあります。

https://www.youtube.com/watch?v=Y1ruuTs134k

 

レンタル掲示板
/2