teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:37/55 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ゲティ家の身代金 鑑賞

 投稿者:BHDAA  投稿日:2018年 5月25日(金)21時19分9秒
  通報 返信・引用
  「ゲティ家の身代金」を鑑賞してきました。

リドリーは、「ハンニバル」「マッチスティックメン」「アメリカン・ギャングスター」「悪の法則」など、金と人間が絡んだ題材を最近好んで扱っていましたが、今作はその集大成というか極めつけでした。
「ダークな映像」「強い女」「残虐描写」「こだわりのインテリア美術」など、リドリー印満載なのですが、不思議と今までのリドリー作品とは違う新しい印象も持ちました。
ケビン・スペイシーの出演シーン全て撮り直しという大トラブルに見舞われた今作ですが、それも全く感じさせません。よくこれ再撮影できたなと感心します。

以下は、細かい所でいくつか。

・「キングダム・オブ・ヘブン」のサラディンの人、「エクソダス」に続いてまたちょい役で出演してました。リドリーに気に入られてますね。

・イタリアの警察の人、どっかで見たなと思っていたら、「ハンニバル」で若いイタリア人刑事として出演していたアンドレア・ピエディモンテでした。「ハンニバル」でビデオをダビングする仕事から凡そ16年ぶりですが、警察で出世(?)しましたね。

・「オデッセイ」「コヴェナント」で姿が見えなかったジャンニーナ・ファシオですが、今作では華麗に復活(?)して、再びチョイ役で出てきました。ちゃんと台詞もありました。

・「ブラックホーク・ダウン」にある塔のお祈りシーンが流用されてましたね。ただ、背景はCGで書き換えて別の風景になってました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:37/55 《前のページ | 次のページ》
/55